ページを選択

現物寄付

篤志家による物品寄贈の形態。

現物支給とは何ですか?

現物寄付とは、金銭の代わりに物品で寄付を行うものです。ほとんどの場合、寄付者は自分が使わない、あるいは楽しめないことをすでに知っていて、崇高な目的を支援した方が役に立つと考える貴重な品物である。この資産は専門家が鑑定し、競売にかけられると、職業を支援するために受け取ったお金は税金控除の対象となります。 

寄付できるものは何ですか?

受け取った現物支給の例

時計

寄付する
時計

ジュエリー

寄付する
宝飾品

写真

寄付する
テーブル

作品紹介

寄付する
美術品

どのように進めればよいのでしょうか?

CARFは、寄贈された生物種や物品を安全かつ専門的に取り扱うことを保証しています。

1.寄付金をお預かりします
特別に指定された担当者が、ご自宅の住所から寄付金を回収します。
パッケージアイコン
2.最適なバリュエーション
モンテ・デ・ピエダ・カイシャバンクのような権威ある機関が、不動産の正式な査定を行います。
キングピンアイコン
3.オークション
販売は、スペイン有数のオークションハウスが担当する予定です。
封筒を開くアイコン
4.資金使途
集められた資金は、当財団の目的に沿って使用されます。
サインを持つアイコンハンド

現物支給の資金は何に使われるのですか?

資産売却により得た資金は、重要な投資に充当する予定です。世界中の司祭・神父の統合的な育成に貢献します。すべての司祭召命の背後には、私たちキリスト者一人一人に主から別の呼びかけがあり、養成のための手段を確保するための個人的な努力を求めていると考えることが、その約束となります。

寄付をすると税制上の優遇措置は受けられますか?

現物で寄付をすると、報酬が得られます。パトロネージュ法の目的は、一般的な利益となる活動に対する民間の努力を直接的かつ効果的に奨励することであり、そのために寄付者のインセンティブを確立しています。モンテ・デ・ピエダ・カイシャ銀行からの正式な鑑定書が届き次第、特典を受けることができる証明書を発行いたします。

から これ 2020年5月6日付の官報に掲載された5月5日付勅令17/2020(法令49/2002第19条の改正を含む)が適用される財団のための寄付、現物寄付、寄付に関する税制を分析した文書にアクセスすることができます。

個人向け税制優遇措置(個人所得税)
最初の150ユーロ を控除しています。 80 %
休息 を控除しています。 35 %
リカレント寄付 を控除しています。 40 %
課税所得控除の限度額 を控除しています。 10 %
企業向け税制優遇措置(IS)
寄付金全般 を控除しています。 35 %
リカレント寄付 を控除しています。 40 %
課税所得控除の限度額 を控除しています。 10 %

神父、地上における神の微笑み

寄付には顔が必要です。教区司祭、修道司祭の養成に力を貸してください。