ページを選択

しんしょく

神父とは何か、その起源と歴史は?

神職とは何か?

神権の定義について言えば、これはカトリック教会の三司祭職の一つであり、それによって助祭は、司祭または助祭にふさわしい尊厳と帰属を受ける。 僧侶.

「聖職の秘跡は、キリストが使徒に託した使命を、時の終わりまで教会で行使し続けるための秘跡であり、したがって、使徒職の秘跡である。司祭職、神職職、助祭職の3つの位階からなる」。

司祭職は "共同体による単なる選出、任命、委任、制度にとどまらず、キリストから教会を通してのみ与えられる "神聖な力 "の行使を可能にする聖霊の賜物を与えるからである"。  カテキズム(1536-1538

聖職の秘跡は、3つの位階から構成されています。

助祭 長老派 聖職者会議

起源と歴史

選ばれた民は、神によって「祭司の王国、聖別された国民」として構成されたのである。しかし、イスラエルの民の中で、神は12部族のうちの1つであるレビを典礼の奉仕者として選ばれたのである。

神の言葉を宣べ伝え、犠牲と祈りによって神との交わりを回復するために設立された旧約の神権は、救いをもたらすことができない。したがって、絶え間なく犠牲を繰り返さなければならず、キリストの犠牲によってのみ達成されるため、決定的な聖化を達成することはできなかったのである。

それでも、教会の典礼では、アロンの神権に見る
また、レビ人の奉仕や、70人の「長老」の制度は、新約の聖職の予表である。

旧約の祭司職のすべての予表は、「神と人との間の唯一の仲介者」であるキリスト・イエスにおいて成就される。

キリストの贖罪の犠牲は唯一無二のものです。そして、このために、教会の聖なる犠牲の中に存在させられているのです。キリストの唯一無二の神権も同様で、"聖職の秘跡によって現前する "のです。  cf.カテキズム、1539-1545

キャンドルアイコン

なぜ神職が重要なのか?

教会は、歴史を通じて、文化のあらゆる分野で人間的な奉仕を行ってきました。カトリックの司祭職を通じて、すべての国に広がり、宗教、道徳、科学、芸術、産業を存分に繁栄させたのです。司祭も、特に修道会のメンバーも、時代を超えてキリスト教の道徳と教育の光を信者に導いてきた。

聖体は、聖餐式全体の頂点に位置するものです。それは全霊的生活の糧であり、教会のすべての活動が向けられる頂点なのです。聖なる秘跡は恵みの無尽蔵の源であり、そこから教会とすべてのキリスト者の内面に存在するキリストのすべての力が流れ出るのです。聖体は、他のすべての秘跡が流れ出る秘跡であり、その秘跡に向けられた秘跡である。

"愛 "は司祭の心の中で消えることはない。神とキリストを模倣して行使され、最も純粋な源で酔っている慈善は、本物の愛に劣らず、要求が高く具体的で、司祭の視野を無限に広げ、責任感-成熟した人格の指標-を広げ、より高く広い父性の表現として、彼を豊かにする豊かで繊細な感情を彼の中に教育する"...このように、司教は司祭を、より高い、より広い父性の表現として、より多くの、より多くの感情を教育する。一言で言えば、「独身は、人間を統合的に高めることによって、その完成に効果的に貢献する」(SC, 55)のである。

聖パウロ6世

洗礼者共通の神権

教会全体がキリストの神権に参加しているのです。洗礼を受けた者はみな、再生と聖霊の油注ぎによって、霊的な家、聖なる祭司職として奉献された。

私たちは皆、共通の神権と呼ばれる祭司の油注ぎを受け、神聖な礼拝に参加する運命にあります。神権は、秘跡を受けるとき、美徳を実践するとき、そして神聖な礼拝のときに、私たちが実現し、行使するものです。私たち一人ひとりは、神の民の一員として、言葉によってキリストの証人となり、救いの計画に従って人類の都市を秩序づけるために、同じ力で召されているのです。

大臣僧職

キリストの意志により、教会には祭司の民を形成し、指揮する聖職者としての神権が存在します。これを通して、キリストはご自分を人間の中に適格な形で存在させ、活動させるのです。聖餐式、特に聖体の祭儀を通して、キリストのからだを築き上げるのです。

神権のカリスマはキリストご自身から来るものであり、司教の手の授与と聖務の秘跡によって伝えられるものです。このようにして、司祭はキリストの聖職者として奉献され、構成されるのです。ある瞬間、司祭はキリストの恵みの道具となる。

キリスト者であること、特に司祭であることは、洗礼を受けたすべての人が王家の神権を共有していることを思い起こせば、絶えず十字架に向かうことなのです。

聖ヨセマリア・エスクリバ・デ・バラゲル

神職と独身

一般的な意味での独身は、自分の意志で結婚しない人の状態を指す。神父の独身は、神父の聖職に就くことによって宗教的な奉仕に完全に献身することと引き換えに、この選択をした場合です。司祭の独身、貞操、処女、処女的召命に関する概念があります。

"ラテン語教会のすべての聖職者は、永久助祭を除いて、通常、独身で生活し、「天の国のために」独身を守ることを望む信者の中から選ばれます(マタイ19:12)。

主とその「もの」に完全に奉献するよう召され(1コリ7:32)、彼らは神と人類に完全に自らを捧げるのです。独身は、教会の聖職者が奉献されたこの新しい命のしるしであり、喜びの心で受け入れられ、神の国を輝かしく宣言するのです」(カテキズム, 1579).

神職のアイコン

教皇聖ヨハネ・パウロ2世は1979年にこう述べている。

「すべての司祭は、何年もの準備と深い内省と熱心な祈りをもって、完全な自覚と自由のもとに独身を約束する。キリストが、教会のために、また他の人々のために、この "贈り物 "を与えてくださると固く確信した後でなければなりません。そうして初めて、一生それを守ることを約束するのです」。

ローマ法王ベネディクト16世

年後のローマ法王ベネディクトはこう述べている。

"聖職者 "は、聖職に就くことによって、キリストへの完全な構成を要求しています。東洋の異なる実践と伝統を尊重しつつ、司祭の独身制の深い意味を強調することが必要です。(...) その中で、キリストに適合する献身と神の国のために自分を捧げることが、特別な表現として見出されます。永遠の司祭であるキリストご自身が、処女の状態で十字架の犠牲までその使命を全うされたという事実は、ラテン教会の伝統の中でこれが持つ意味を理解するための確かな基準となっています。したがって、司祭の独身制を単に機能的に理解するだけでは十分ではありません。実際には、キリストの生き方に特別に適合していることを表しているのです」。

ローマ法王フランシスコ

教皇フランシスコは今日も、こう断言しています。

"個人的には、独身は教会への贈り物だと信じています。第二に、私は「任意の独身を認めることには賛成できない、ダメだ」と言います。 インタビュー, 27-01-2019

神職とCARFの働きについてもっと知る

CARF(チェントロ・アカデミコ・ロマーノ財団)は、世界中の神父や神学生が神学的、人間的、精神的にしっかりとした準備をするために、奨学金という形で資金を提供してくれる何千人もの寛大な魂をつなぐ役割を担っています。

神権は、すべてのキリスト教徒に、召命が失われないようにするための手段を提案する必要性について考えるよう呼びかけています。

毎年度(9月~6月)

+800

ごたいりくしゅきょう

また、候補者のために、さまざまな学部の入学金や学習補助金を申請しています。