ページを選択

の天職。
僧職

神職に召された人は、兄弟がより神に近いところで生きやすくするために自分の人生を捧げるよう求められます。

神父の召命とは?

召命とは、愛をもって人を召される神と、愛をもって自由に応じる人との愛の秘儀である。しかし、神職への召命は単なる気持ちの問題ではありません。むしろ、神の恵みによって生まれた内なる確信であり、魂に触れ、自由な応答を求めるものである。

もし神があなたを呼ぶなら、あなたの応答がより寛大になるにつれて、確実性が増していくでしょう。神職に召された人は、兄弟がより神に近いところで生きやすくするために自分の人生を捧げるよう求められます。彼は全人類のために謙虚な奉仕をするよう召されたのです。

司祭に叙階されるとき:聖職の秘跡を受け、自分の肉体と精神、つまり自分の全存在を主に捧げる覚悟をするのです。特に、キリストの体と血のいけにえを行うとき、また、神の名において、聖礼典の告解において、罪を赦すときに、これを用いるであろう。

カトリック十字架のアイコン

私たちは皆、天職を持っているのでしょうか?

そう、私たちは皆、神によって目的や目標を持って創られたのです。神は私たち一人一人に、「わたしは胎内であなたがたを形造る前に、あなたがたを選び、あなたがたを母の胎内から出す前に、あなたがたを聖別した」(1コリント5:8)という、永遠から計画されていたユニークで再現不可能な計画をご意志されているのです。 エレミヤ書1、5章

カトリック教会のカテキズムは、聖なるものへの召命、つまり、聖なるものへの召命について述べている。私たちを神の幸福にあずからせ、完全に無条件に愛してくださる神との結合に。すべてのキリストの弟子に共通する召命は、聖性への召命と世界への伝道の使命への召命である。

神は、私たち一人ひとりが、神とともに人生の特定の道を歩むよう招いておられるのです。ある者は司祭職へ、ある者は修道生活へ、そして信徒は普通の生活の中で彼に会うよう召される。

フォトジェニック

自分が神職に召されているかどうかは、どうすれば分かりますか?

神はすべての人を、またある人を、その人自身のために設計された特定の使命を持って召されます。信者はそれぞれ自分の道を見極め、神が自分の中に入れてくれた個人的な最高のものを引き出さなければならず、自分のためにならないものを真似ようとして自分を消耗させてはならないのである。

私たちクリスチャンが自分の召命を発見し、それが神権への召命であるかどうかを判断するための道具は、祈りです。祈りは霊的生活にとって絶対に必要なものです。この神との対話によって、精神が発達するのです。

職業識別のための祈り

祈りの中で、神の存在とその愛に対する信仰が現実化されるのです。それは、自分の人生を神の方に向け、神の摂理を信頼するように導く希望を育むものです。そして、神の愛に自分の愛で応えることで、心が大きくなる。

私たちのお手本はイエス様です。イエス様は、ご自分の使命の決定的な瞬間の前に祈られます。イエスはその祈りによって、私たちに祈ること、父なる神の意志を発見し、それに自分を一致させることを教えているのです。さらに、『カテキズム』が推奨しているように、職業識別の時点では、霊的指導者、つまり、私たちが自分を委ねることができ、神の意志を発見するのを助けてくれる人の姿が大きな助けとなり得ます。

職業別看板

召命の喚起の義務は、キリスト教共同体全体に課せられているのです。CARFでは、このコミットメントを支持しています。

神父という職業には、絶対的なルールがあるわけではありません。しかし、神から神権に召されているかどうかを見分けるのに役立つ、いくつかの一般的な側面や特徴を考慮に入れることは可能です。キヤノン法では、司祭召命のいくつかの兆候を説明しています。

  • ライフ・イン・グレイス 100% 100%
  • イレギュラーのないこと 75% 75%
  • 福音主義者の辞世の句 80% 80%
  • ビショップのアピール 90% 90%

神のものを味わう

教会と聖体への愛は、司祭職への召命の最も明確なしるしです。神のものに対する味覚は、キリストとの出会いによる壮大な発見として突然やってくるかもしれないし、幼い頃からずっと家族によって植えつけられてきたものかもしれない。 

イコン教会

教会への愛。

司祭は生涯、神の民のためにフルタイムで働き、教会への情熱的な献身のために働きます。

聖なる器のアイコンとキャンドル

聖体への愛。

長い間、幕屋の前にいて、聖なるミサに参加し、毎日聖体拝領することが、神権への過程であろう。

グラシアスでの生活

祭司の務めの目的は、すべての人が神の恵みの中で生き、その結果、永遠に救われるようにすることだと言える。そのために、イエス・キリストは生き、死に、よみがえったのです。

神職への召命が一般の道より高いかどうかという問題ではなく、そのような状態でよりよく主に仕えるかどうかという問題なのである。

イレギュラーのないこと

使徒的生活

候補者は、教会への愛のために、使徒職に参加していることが述べられています。 使徒職は、彼の人生における主要な価値観となる。使徒的熱意は司祭召命のしるしであり、方法であると言えるでしょう。

エモーショナルバランス

小教区の責任や学校の運営を背負うとき、人々の問題が四方八方から押し寄せ、誘惑さえ潜んでいるとき、冷静さと自制心が必要です。

福音主義者の辞世の句

自分を捨てるということは、貞操の生活という福音書の勧告の実践によって要求される放棄を受け入れなければならないのです。多くのキリスト教徒は、聖パウロに倣って、神への奉仕に完全に身を捧げるため、独身を貫いた。

知的能力

司牧活動を行うすべての人をよりよく援助するために、司祭としての養成を受け、修了することができるようになること。

遅れてきた神職への召命

誰もがそれぞれの物語を持ち、特定の方法で主に従うよう呼びかけを受けるのです。私の場合、若い頃から自国の教会の様々な運動や使徒的グループに所属し、特にEncuentros Familiares de Venezuelaというグループで数年間神に仕えたのです。

興味深いことに、この運動は家族に焦点を当て、未来の家族を創るという個人的なコミットメントに焦点を当てています。私の人生のプロジェクトはこの道に集中していました。一方、仕事のプロジェクトでは常に神の存在を感じており、これも神が私に望んでいることだと信じていました。

私は石油技師として卒業し、この分野の専門家として、また大学教授として働いてきました。家族もこれまでの成果を喜んでくれていたし、友人も若いのに立派なものだと感心してくれていた。これで完全に幸せになれると思ったのですが、実際はそうではありませんでした。少し虚しさを感じるとともに、もっと何かに呼ばれているような気がしたのです。これまで成功し続けてきたのに、失敗してしまったというのはショックでした。

その時から、主が私に、仕事も職業も学業も家族さえも捨てて、完全に主に従うよう求めておられることがはっきりとわかるような出来事がいろいろと起こり始めたのです。家族の反応は、最初は激しい拒絶反応でした。私がこれまで築き上げてきたものを捨てて、新しい道に踏み出すという変化が、彼らには明らかに理解できなかったのです。

フリオ・セザール・モリヨ・レアル
ベネズエラ・カビマス教区のゼミ生

全文を読む