ページを選択

僧侶の育成

彼は、司祭養成の課題を知っています。

なぜ、司祭の育成を奨励するのか?

司祭がいなければ、聖体もありません。私たちはキリスト教徒として、司祭を支援する義務があります。特別な方法で、紛失を防ぐことによって。 職業 経済的な余裕がないため 

私たちは皆、後に司牧活動を行う信徒に役立つように、養成段階を大切にすることがいかに重要であるかを知っています。

イコン 司祭の養成

CARFと司祭養成の課題

チェントロ・アカデミコ・ロマーノ財団(CARF)は1989年に設立され、以来、世界中の司祭や神学生が神学的、人間的、精神的にしっかりとした準備を受けられるように、学資援助や奨学金で財政的に貢献しようとする何千人もの寛大な魂を結びつける役割を担っています。

毎年、五大陸から800人以上の司教が、パンプローナとローマの異なる学部への入学と、候補者のための学習補助金を求めて応募しています。

毎年、およそ直接的・間接的な奨学金の支援を行っています。

- ゼミナール生400名

- 教区司祭1,120名。

- 宗教法人会員80名。

司教から派遣された候補者はどこで訓練を受けているのですか?

国際セミナー

国際セミナー Sedes Sapientiae

1991年、聖座によってローマに設立。85名の神学生とそのフォーマーが常駐することができます。サンピエトロ寺院と教皇庁大学のすぐ近く、トラステヴェレにある旧サン・パシャール・バイロン音楽院を使用しています。

国際セミナー Sedes Sapientae - 司祭 - 司祭養成 - 司祭養成 - CARF

ビダソア国際セミナー

1988年、聖座によってパンプローナに設立された。定員は入居者100名、トレーナー10名。現在は、ナバラ大学キャンパス近くのシズール・メノールにある近代的なビルに入居しています。

ビダソア国際セミナー

教皇庁立大学

教皇庁立聖十字架大学

聖ジョゼマリア・エスクリバは、ローマに教会科学の高等教育センターを作ることを常に考えていた。1984年、福者アルバロ・デル・ポルティージョがアカデミックセンターとしてスタートさせました。神学、哲学、キヤノン法、社会制度コミュニケーションの4つの教会系学部と、宗教科学高等研究院があります。

教皇庁立聖十字架大学

ナバラ大学の教会系学部

1988年にローマ教皇庁によって設立され、その学位は正統な効力を持つ。現在では、神学部、哲学部、キヤノン法学部、宗教科学高等研究所の3学部を擁する。

ナバラ大学の教会系学部

プリースト・カレッジとコンヴィクト・カレッジ

ローマの司祭学校

アルトモンテとティベリノは、教皇庁立聖十字軍大学で学ぶ司祭のために、近代的な設備と100人以上の定員を備えた司祭大学です。

ローマの司祭学校

パンプローナのシニアスクール、レジデンス

エチャラール、アララール、アルバイサールは、ロス・ティロス寮と合わせて、ナバラ大学の教会系学部で学ぶために世界各地からやってくる130人以上の学生のための場所を提供しています。

パンプローナのシニアスクール、レジデンス

どんな神父学ができるのか?

聖職者大学における司祭研究の主な分野。

1

神学

現代社会に含まれる多様な文化的背景を包含しています。キリストの神秘が基本であるという確信に基づいた形成的なプロジェクトを提供します。

2

フィロソフィー

異なる文化の知識、理性と信仰の間の和解を促進します。真理を人類学的、歴史文化的な文脈で理解することを研究しています。

3

カノン法

世界のカトリック教会の法制度を理論的・実践的に掘り下げる学問で、法学的訓練と司牧的感性を融合させたもの。

4

コミュニケーション
制度上

教会施設に仕えるコミュニケーション分野の専門家を養成することを目的としています。

司祭課程における養成の学位と特定のプログラム。

教皇庁の教育機関で修了したすべての教会学は、適切なライセンスがあれば、世界のどの地域でも司祭職を務める資格があります。

アイコンライトと聖書

第1サイクル:学士号

その他のプログラム - ディプロマ

司祭養成を選択するには?

各教区は、受験生のために必要な場所を当該機関に直接申請する。

入学審査期間の終了後、教育機関はCARFに奨学金支給のための資金を要求します。

イラストレーション・ローマ

2021年にCARFが奨学金に拠出する資金

イラストレーション パンプローナ

2021年の教育・構造支出に貢献した資金

「サンタ・クローチェ大学で教えていて一番嬉しいのは、生徒の顔や顔の奥に、彼らが触れることになる魂を見ることができることです。インド、アフリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、北アメリカから来た、おそらく一生出会うことのない魂たち。それが、私が学生たちの中に見る教会の未来なのです。私は授業で教えるとき、21世紀の教師、もしかしたら司教、殉教者、聖人になるかもしれない人たちに話しているのだと痛感しています」。

ジョン・ワック神父 - 典礼学教授

5大陸で教会に奉仕する

この活動の成果をインタラクティブ・マップでご覧いただき、131カ国の教会(800人以上の司教)に奉仕するCARFのたゆまぬ活動をご確認ください。

寄付をする

毎年、世界各国から800人以上の司教が候補者のために学習補助金を要請しており、彼らは教会での養成を完了するために寛大な人々を必要としています。CARFでは、すべてのご要望にお応えできるようにしたいと考えています。