ページを選択

死者のために祈ることで、神の愛の充実に参加する。

故人のための聖ミサ

篤志家や友人は、故人のためにミサを行うことを要請することができます。祝賀会は無料です。注文時にいただく任意の寄付金は、礼拝や教会を支援するために使われます。

故人のためにどう祈ればいいのか?

故人の魂のための執り成しの祈りは、非常に古い伝統である。カトリック教会は、キリスト教の始まりから、彼らへの愛の証として、それを行ってきた。このように、私たちは、祈りや施し、そして、そのような人たちを助けています。 ふゆう...そして、彼らのために、特にミサの犠牲を捧げ、神の善意によって清められた彼らが、天国で顔と顔を合わせて神を見ることができるようにするのです。

祈る手のイラスト

慈悲の作品

これを通じて 人助け -死者のために祈ることは、死者が神の完全な愛に参加することを促進し、聖徒の交わりを生きる方法となるのです。私たちの祈りは、彼らを助けることができるだけでなく、彼らのとりなしを私たち全員のために有効にすることができます。

受け取ったリクエストは、毎週 マドリードのサン・ミゲル教皇庁バシリカ。 嘆願書は月曜日から日曜日まで集められ、翌週にバシリカに転送されます。

祈る神父たち

"真の幸せは、主とともにあり、愛のために生きること"。

ローマ法王フランシスコ

忠実な亡者のための聖なるミサにどう従うか?

で月曜日から金曜日まで祭典が続きます。 CARF YouTubeチャンネル

ヨーロッパからフォローする

ラテンアメリカからフォローする

19:00 h. スペイン
夏季(7月1日~9月30日)は、バシリカの開館時間が短縮されるため、ライブ中継は休止となります。ただし、聖餐式では毎日祝われているため、嘆願書は引き続き提出されます。

12:00 h. コスタリカ、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、エルサルバドル、メキシコ。

13:00 h. コロンビア、エクアドル、ベネズエラ、パナマ、ハイチ、キューバ、プエルト・リコ

14:00 h. ペルー、ボリビア、ドミニカ共和国

15:00 h. アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、パラグアイ、ブラジル

故人*のための聖なるミサをここに依頼する。

嘆願書は毎週 マドリードのサン・ミゲル教皇庁バシリカ。 月曜日から日曜日にかけて嘆願書が集められ、翌週にミサが行われます。 

多くの願いが寄せられるため、担当者の名前を挙げることはできませんが、司祭は皆様の願いの一つひとつをパテンに載せて主に捧げますので、ご安心ください。

*放送設備のない地下聖堂で行われるため、放送できない聖餐式がある可能性があります。

フォームに必要事項を記入し、ご家族の意向を示したり、故人のために祈祷をお願いすることができます。