信仰によって喪失を悼むには?- CARF
Seleccionar página
M.V.C.
12 8月, 20

ブログ

せいじんくん

信仰によって悲しみを克服する方法とは?

最近、損失を被ったことがありますか?キリスト教の信仰の柱から、大切な人を亡くした時の乗り越え方をサポートします。

グリーフ:喪失を克服するための経験

人間が生きているにもかかわらず 感情 悲しみという経験は、人生で最も一般的な経験の一つであり、私たちは常にそれに対する準備ができておらず、常に新しい状況に対して学び、適応することを求められます。悲しみは死だけではありません。悲嘆とは、人間が何らかの喪失を経験したときに経験する感情、あるいはさまざまな感情のことである。

喪失の悲しみに「専門家」は存在しない。それは、その表れ方、原因、引き金となるさまざまな反応において、常に独創的な次元を持っているのだ。私たちは、しばしば自分自身を発見します。 苦難 思いもよらない理由や動機で、深く。

聖なる父 ヨハネパウロ二世人間の苦しみは、同情心を呼び起こし、尊敬心をも呼び起こし、そしてそれなりに恐怖心を抱かせる。実際、その中には具体的な神秘の偉大さが含まれている[...]人間は、その苦しみの中で、無形の神秘である」。

このような人間的な体験が、私たちを動かしているのです。 てをさしのべる また、私たちは、他の人にサポートを提供することもあります。の体験談 泣き落としは、苦しんでいる人にもっと注意を払うように教えてくれます。痛みという体験が、障害や困難な状況に対処できる成熟した人間と、流され、吸収されてしまう人間の違いを生む 心情 という感覚。

死別のサポートとしてのキリスト教信仰

があります。 信仰 は、どんな種類の、どんな特殊な損失でも、それを悼むプロセスを経なければならない人々にとって、最高の避難所となります。があります。 信仰 は、悲しみの痛みを和らげるために必要な強さ、冷静さ、穏やかさを与えてくれるのです。

穏やかな気持ちで損失を克服する

「イエスの復活は、死後の生命の保証を与えるだけでなく、生命そのものの神秘を照らし出している。 私たち一人ひとりのイエスに結ばれ、イエスに忠実に生きるならば、死の通路さえも希望と平穏をもって迎えることができるのです」。 (教皇フランシスコ、一般謁見 2013年11月27日).

希望を胸に、喪失を乗り越える

があります。 が無常にもやってくる。だから、現世に自分の存在を集中させるのは、なんと空しい虚栄心だろう。多くの人が苦しんでいるのを見よ。ある人は、それが終わるから離れるのが苦痛になり、ある人は、それが続くから退屈になる...いずれにしても、この世の通過を終わりとして正当化するような誤った感覚は許されないのだ。
この論理を捨てて、もう一つの論理である「永遠の論理」に自らを固定しなければならないのです。永遠の存在であるキリストに生まれ変わるために、時代遅れの自己中心的な動機から自分を空っぽにする、完全な変化が必要なのです(スルコ、879)

死を恐れず、喪失感を克服する

死を恐れてはならない。-受け入れなさい、これからは、寛大に...、神が望まれるときに...。 神の思し召しのままに...、神の御心に適うところならどこでも。-疑ってはいけない:それは最も都合のよい時に、最も都合のよい場所で、最も都合のよい方法でやってくる...あなたの父-神によって遣わされるのである。-ようこそ、私たちの姉妹デス(カミーノ、739).

天国を見据えて、喪失感を克服する

超自然のビジョン! 穏やかさ! 平和物事や人、出来事を...永遠の目で見てください!
だから、どんな壁が迫ってきても、たとえそれが人間的に堂々としていても、本当に見上げればすぐにわかるのです。 なんて小さなことなんだろう、、、(フォージ、996).

痛みと愛

受肉を選択することで イエスキリスト を教えるために、できるだけ多くの苦しみを経験したかったのです。 は、どんな悲しみも乗り越えられます。悲しみは、イエスの生涯を見つめ、その生涯に従うことで克服することができます。 フットプリント.

悲しみは、希望の喜びとの出会いの場である。 祈祷の必要性.クリスチャンは、将来の喜びを期待して、痛みを受け入れます。彼らは自分の限界を十分に認識し、祈りによって神に願われる助けを頼りにしています。

苦しみは道のりの一部、通過点に過ぎず、決して終着駅ではありません。このように 祈り は、苦しみが意味を見いだし、神の恵みによって喜びとなる大切な瞬間なのです。

があります。 祈りは支え 喪失を受け入れ、克服していく過程での基本的なことです。祈りの浄化作用が実現するのは、人が祈るたびに、次のような体験をするからです。 天の恵み と悩みや問題を共有することができます。

しかし、この旅の中で、痛みの体験が人の人生を形作る瞬間があるのです。もはや、苦痛を受け入れるか拒否するかの問題ではなく、苦痛を自分自身の存在の一部、人生の一部と考えることを学ぶのです。 天の計 私たち一人ひとりのために。

喪失の痛みに襲われたとき

愛する人を失って悲しむことは自然なことであり、避けられないことです。しかし、それを乗り越えるのは簡単なことではなく、時にはさまざまな理由でこの悲しみから抜け出せないでいる人がいます。そのため、大切な人の死後、その喪失感を乗り越え、元の生活に戻るための支援やグループを組織しているカトリック財団が数多く存在します。

悲しみを乗り越えて「神との平穏な日々を」。

悲しみの痛みに対処するためには、「Ⅰ. しんがりをつとめる そのような困難な時に万能のレシピはありません。それぞれのケースの特殊性によって、ユニークでこだわりのあるものになります。

痛みは体から、苦しみは魂から」と言いますが、「この穏やかさが伝わるように」と、同行する人が穏やかで「神との平和」を感じられるようにすることが必要なのだそうです。その後に、何らかの形で喪に服すことを容易にするもの。

悲しみを乗り越えている人たちの話をするとき、神父はある言葉に下線を引きます。 希望.希望は、精神的な面で自分自身を再位置付けし、放棄した宗教的実践に再び自分の居場所を見つけるのに役立ちます。神様は自分たちに痛みを与えたのではなく、自分たちを愛してくれているのだということを分からせなければならない。

ですから、教皇フランシスコは、「私たちの主とその母である聖母に語りかけることをやめてはなりません」と勧めています。 てんし.いつも私たちを助けてくれる。

 

 

の協力で。

カトリック教会のカテキズム(Catechism of Catholic Church)。 
オプスデイ・ドットコム

神父、地上における神の微笑み

寄付には顔が必要です。教区司祭、修道司祭の養成に力を貸してください。

関連記事