ページを選択
M.V.C.
18 11月, 22

ブログ

せいじんくん

聖なるロザリオの悲しみの秘跡

聖ロザリオの悲しみの秘跡は、主がいかにして神の意志を受け入れ、私たち皆のために自由に命を捧げることができたかを黙想させます。

悲しみの秘跡は、"ヴェーダ "と共に、"ヴェーダ "を形成している。 ひゃくみょうがあります。 ひかりもの とのことです。 かずかずのひけつ聖なるロザリオの完全な祈り。これらの秘儀は火曜日と金曜日にのみ祈られる。の間は除く。 四旬節は、日曜日にも祈ります。

主の受難の瞬間をすべて再現しているのです。 オリーブの園での苦悩から十字架上の死まで、人類へのあらゆる愛が明白に示され、それは私たちの救いの神秘の原点となっているのです。

これらの理由から、教皇聖ヨハネ・パウロ2世は、回勅の中で次のように語っています。 ロザリオ・ヴァージニス・マリアエどの 悲しみの秘儀は、キリスト教徒がイエスの死を追体験するよう導いてくれる。 十字架の足元とマリアの側に身を置くことによって、私たちはマリアとともに神の偉大な愛を理解することができるようになるのです。

第一の悲しみの秘義:園でのイエスの祈りに想いを馳せる

そして、弟子たちに言われた。-私が祈る間、ここに座っていてください。

  • マタイによる福音書 14, 36-39:
    それからイエスは彼らとゲッセマネと呼ばれる庭に行き、弟子たちに「私が行って祈っている間、ここに座っていなさい」と言われた。そして、ペテロとゼベダイのふたりの子を連れて行き、悲しみ、悩み始めた。そして、彼らに言った。「私の魂は死ぬほど悲しんでいる。ここに留まって、私と一緒に見ていてほしい。そして, 少し 進んで, 顔を地に伏せ, 彼らに 言った. 「わたしの 父よ, できることなら, この杯をわたしから 渡してください.
悲しみの秘跡の第1番では、「園でのイエスの祈り」を考察します。

私の意志ではなく、あなたの意志がなされるように」苦しみを無条件に受け入れること。

感動的な精神で、何度も何度も足を運び 苦悩の中で御父の意志を受け入れ、悪魔の誘惑を拒みながら祈るイエスの姿。

私は、イエス様のように、誘惑を拒み、神様の御心が成就するのを忍耐強く、愛情をもって待つことができるでしょうか。

主イエス様、私が祈りに挫折した時、願っていたことが実現しなくても、あなたの模範が私を励ましてくれるよう祈ります。私があなたの意志を受け入れ、私の人生の最も重要な警戒の中で眠りに落ちることがないように助けてください。

第二の悲しみの秘儀:「主の鞭打ち」を観想する。

そこで、ピラトはイエスを連れて行き、鞭打たせた。

  • マタイによる福音書 27, 26.
    ピラトはバラバを釈放し、イエスは彼を鞭打った後、十字架につけるために引き渡した。
悲しみの秘跡の第2番目は、「主の鞭打ち」を考察します。

イエス様は罪人によって不当に縛られ、鞭打たれました。

この神秘は、主の聖なる無垢な肢体に対する無数の鞭打ちの無慈悲な拷問を思い起こさせる。 聖母マリアは、苦しみの中、彼に付き添う。 今日、多くの母親が、自分の子供が経験した不公平や病気や問題を、どんな思いで、どんな痛みで、どんな苦渋を味わっているか、考えてみよう。

主イエスよ、不公平の中にあっても、私の心に愛と平和が支配しますように。人生の鞭に耐え、鞭を振るう者を赦すことができますように。私が再び立ち上がり、あなたが私に託した使命に忍び込むことができるように助けてください。

第三の悲しみの秘儀:「茨の冠」を観想する。

兵士たちはその頭に、ねじり合わせたいばらの冠をかぶらせ、紫の衣を着せた。

  • ヨハネによる福音書19章1~3節
    そこでピラトはイエスを連れて行き、鞭打たせた。そして、兵士たちは、ねじり合わせたいばらの冠を彼の頭にかぶらせ、紫の衣を着せた。彼らは彼のもとに来て言った、「ユダヤ人の王よ、万歳!」。そして、彼の顔を平手打ちしたのです。
悲しみの秘跡の第3番目は、「いばらの冠」を考察します。

鎖につながれたイエスは茨の冠で嘲笑された

すべての棘が皮膚を裂き、こぼれた血で目が見えなくなり、それでも十字架への道を歩み続けました。-あなたも私も、また彼に茨の冠をかぶせ、平手打ちし、唾を吐きかけたのではありませんか?もうだめだ、イエス様、もうだめだ...そして、私たちの心の中にしっかりとした具体的な決意が生まれます。

主イエス様、私がすべての兄弟姉妹を理解することができ、私の行動があなたの慈悲深い愛に沿うことができますように。

第四の悲しみの秘義:十字架を肩に担いだイエスを観想する。

そして、十字架を担いで、ヘブライ語で髑髏の場所、ゴルゴダと呼ばれる場所に出て行ったのである。

  • マルコによる福音書 15, 21-22:
    そして、通りすがりの者、すなわち田舎から帰ってきたキュレネのシモンという者、アレキサンダーとルフスの父に、自分の十字架を担がせるようにした。そして、ゴルゴダという場所、つまり頭蓋骨の場所に連れて行かれた。
悲しみの秘跡の第4番では、十字架を肩に担いだイエスを思い浮かべます。

イエス様は私たち全員のために十字架を背負ってくださっているのです。

イエスが歩いたのは 私たちの罪をすべて背負った十字架の大きな重みと、私たちに対する大きな愛が、彼の一歩一歩を強めていったのです。.この神秘の中で、イエス・キリストは、人生の道を歩み続ける人類を象徴しているのです。私たちは、カルバリーに昇られたイエス・キリストを思い浮かべながら、頭ではなく心で、十字架を抱き、接吻し、寛大に、喜びをもって背負うことを学ぶのです。

イエスはあなたのために十字架を背負う:あなたはイエスのために十字架を背負う。.しかし、十字架を引きずって持ってはいけません。鉛に乗せて持ってください。こうして運ばれたあなたの十字架は、ただの十字架ではなく、聖なる十字架となるのです。

主イエス様、私たちが謙虚に十字架を背負い、くじけそうになったら天の母である聖母マリアの慰めに頼ることができますように。

第五の悲しみの秘義:イエスの十字架上の死を観想する。

そこで彼は、イエスの両側に一人ずつ、他の二人とともに十字架につけられた。ピラトは題名を書かせ、それを十字架の上に置かせた。ナザレのイエス、ユダヤの王」と書かれていた。

  • ルカ福音書 23, 33-34:
    彼らは髑髏と呼ばれる場所に来ると、そこで彼と二人の悪人を、一人は右に、もう一人は左に、十字架につけた。イエス様は「父よ、彼らをお赦しください。彼らは自分のしていることを知らないのです」と言われました。聖所のベールが真ん中で裂け、イエスは大声で叫びながら、「父よ、あなたの手に私の霊を委ねます」と言い、こう言って息を引き取られた。
悲しみの秘跡の5つ目では、イエスの十字架上の死について考察します。

イエスは私たち皆のために愛の大いなる犠牲を払ってくださいます。

生と死を表す 二死一生ベツレヘムでの誕生から、地上に初めて姿を現し、すべての人に自らを明らかにするところから、すべての苦しみを集めて私たちを聖別する最後のため息に至るまで、です。 そしてマリアは、ベツレヘムの子のそばにいたように、十字架のそばに立っています。

「主よ、あなたは私たちのために、なんと偉大な愛の犠牲を払われたことでしょう。あなたは地球を去り、あなたの母、あなたの霊、すべてを捧げました。

主よ、私があなたの命令に従順であり、あなたが設立した教会のすべての戒律に従順であるように、あなたを助けてください。主よ、私が「楽園であなたと共にありたい」と強く願い、あなたの十字架の犠牲をこの世に存在しうる最大の愛の行為と認め、あなたが両手を広げて私を待っているところに会いに行くことができるように助けてください。

書誌事項

ロザリオの悲しみの秘蹟』聖ヨセマリア・エスクリバ・デ・バラグエル
教皇ヨハネ23世の悲しみの秘義に関する黙想。

神父、地上における神の微笑み

寄付には顔が必要です。教区司祭、修道司祭の養成に力を貸してください。

関連記事