バルカ・デ・ペドロ、イグレシア・ビバ - The CARF Blog - Expert Articles
Seleccionar página
ラミロ・ペリテーロ・イグレシアス氏
29 6月, 20

専門家向け記事

ペテロの船、生きている教会

今日、教会は聖ペトロと聖パウロの祭日を祝います。私たちは、ベネディクト16世がペトロの務めを始めた日、教皇としての最後の謁見でサンピエトロ広場の前で述べた言葉、「私は、教会が生きていることを見る」を思い起こします。

教会はキリストの青春で生きている

"教会は生きている -というのが、2005年4月24日の挨拶だった。 キリストは生きておられるのだから、本当に復活されたのだから".教会は生きていて若い、と指摘した。があります。 教会 は、復活したキリストのあの若々しさで生きています。そして、そのためには、自分には、その奉仕に身を置く以外のプログラムはない、と。 聴神 ということで、教会を導き続けることができるのです。

その同じ確かさを、ベネディクト16世はこの日、こう示した。 しんらい 主は私を本当に導いてくださり、私の近くにいてくださり、日々、主の存在を感じることができました」。

の道をよく経験した者として ゴスペルの務めを具体化する。 ピーターそれは、教会の旅の一部であり、喜びと光の瞬間がある一方で、容易でない瞬間もあったのです。 私は、ガリラヤ湖でボートに乗った使徒たちと聖ペテロになった気分でした。主は私たちに多くの晴天と穏やかな風の日、釣りのできる日を与えてくださいました。また、教会の全歴史のように、水が荒く、風が反対で、主が眠っているように見える時もありました。しかし、私はずっと、その船の中には そして、教会の船は私のものではなく、私たちのものでもなく、主のものであることを、私はいつも知っています。主はそれを沈ませません。主がそれを操縦し、主が選ばれた人々を通して、確かに、それが主の意志であるためです。これは、何ものにも変えがたい確かなものだ」。

ジョット《ナヴィチェッラ》(1605-1613) バチカン市国、サン・ピエトロ製生地所

体験・証言・感謝

体験・証言・感謝:「こうして私の心は満たされる 感謝 なぜなら、神は全教会と私に、その慰め、光、愛を欠かすことがなかったからです」。

彼は今、その聴衆の中で彼の言葉に耳を傾けた人々、そして彼の言葉を取り上げる私たち全てに目を向けているのです。そして、「信仰年」を宣言した理由を、「まさに、私たちの信仰を強めるためです」と語っています。 信心 神を二の次にするような状況の中で、神の中にあるもの」。彼は、自分の体験を証言を通して私たちに伝え、また、私たちを感動させたいと考えています。 しんらい 快活 祈り 彼自身、自分を取り巻いてくれた人たちの仕事やサポート、尊敬や理解に対して感謝している。

そう、教皇は決して一人ではないのだ。今、私はもう一度、心に響くほど偉大な教皇を体験しているのだ」と、当然のように神学的な深みが出てくるのです。彼は、自分に手紙をくれた多くの人々について、王子や知らない人物にではなく、「彼らは兄弟姉妹として、あるいは息子や娘として、私との絆を感じながら手紙をくれた」と話す。 ファミリー とても愛情深い」。だからこそ、キリストにある生きた体、神の家族としての教会の現実を体験したと主張する。「ここでは、教会とは何か、つまり、組織や宗教的目的のための団体、あるいは宗教的目的のための協会ではなく、手で触れることができます。 人道主義者が、生身の人間であり 会派 私たち全員を結びつけているイエス・キリストのからだの中の兄弟姉妹」。結果:「このように教会を体験し、その真実の強さとその強さに、ほとんど手で触れることができるようになることです。 多くの人がその衰退を口にする中、喜ぶべきことです。しかし、私たちは今日、教会がどのように生きているかを見ています。

そして、この数カ月間、正しい決断をするために神に光を求め、ひたすら祈り続けたことを語っている。そして、「その重要性と新しさを十分に認識しながら、深い平静さをもって」この一歩を踏み出したという。

神に属し、神に導かれている教会を愛すること。

また、「教会を愛するということは、勇気をもって行動することでもある」というシンプルで濃密な教えも続いています。 けつじょう 私はいつも教会のために、自分のためではなく、教会のために行動してきました」。そして、「この数年間で、私は、人が命を与えるときに、まさに命を受け取るということを経験することができましたし、今も経験しています」と続けた。 ピーター (地上の神の家族の共通の父であるため)「彼はもはや自分に属しているのではなく、皆に属しており、皆は彼に属している」のである。そして、自分の場合も後戻りはできないこと、十字架を放棄するつもりはないこと、そのしるしとしてバチカンの敷地に留まることを確認している:「私はこれからも教会の旅に同行し続けます。 祈り と反省し、主と主への献身をもって 私はこれまで毎日を生きようとしてきたし、永遠に生きたいと思っている。

バチカン広場で一日、お願いした後に 祈り 自分自身のため、そして新しい教皇を選出する義務を負う人々のために、マリアを呼び起こし、さようならと言ったのです。 ベネディクト16世まるで私たちに言っているかのように、ハビエル司教が エチェバリア- "私はあなた方を孤児として残さない..." (ヨハネ14:18)。そして、最後の最後に、信者の一致と信仰を確認する義務を行使しないわけではありません。

"親愛なる友人たちへ 上帝 教会は、常に、たとえ困難な時であっても、また特に困難な時であっても、その教会を導き、支えています。私たちは、このビジョンを決して失わないようにしましょう。 信心の道を示す唯一の真のビジョンである。 教会 と世界の私たちの心の中に、あなた方一人ひとりの心の中に、主が私たちの側におられ、私たちを見捨てず、私たちに寄り添い、私たちをその手で覆ってくださるという喜びの確信が常にありますように。 .ありがとうございます。

ベネディクト16世の最後の言葉は、まずその人生とともに、一粒の麦が実を結ぶように(ヨハネ12:24参照)、感謝の言葉である。

ラミロ・ペリテーロ・イグレシアス氏
牧会神学教授
神学部
ナバラ大学

教会と新福音化」に掲載されました。

神父、地上における神の微笑み

寄付には顔が必要です。教区司祭、修道司祭の養成に力を貸してください。

関連記事