キリスト教の神職の起源 - CARFブログ - 専門家紹介
Seleccionar página
フランシスコ・ヴァロ・ピネダ氏
31 7月, 20

専門家向け記事

神職とは何か、定義と由来

キリスト教の司祭職の起源

誰も自分の力で祭司になるのではなく、キリストの神権を分かち合っているのです。

イエスが自分のことを「祭司」と言ったことがないのは、どのように説明されるのでしょうか。

があります。 僧侶 は、何よりもまず、神と人類の間の仲介者である。人々の間に神を現前させる人であり、同時に、すべての人の必要を神の前に持ってきて執り成す人である。 イエス真の神であり真の人である神父こそが、最も信頼できる神父なのです。

しかし、神職の方向性を知っていたため イスラエル人 神殿で動物を犠牲にする儀式に限定され、政治的陰謀や権力欲に人一倍敏感だった当時のイエスが、自らを祭司と表現しなかったのは当然だろう。

彼の場合は 僧職 エルサレムの神殿の祭司に見られるような。なぜなら、律法では神権はレビ族にのみ与えられており、イエスはユダ族であったからである。

その姿は、古代の預言者たちが説いたものに近い。 ちゅうしん (エリヤやエリシャのように奇跡を起こす場合もある)、そして何より、各地を巡った巡回教師の姿。 しがい と村々を取り囲む弟子たちに教え、その指導の場に人々が近づけるようにしたのです。実は、この ゴスペル 人々がイエスに話しかけるとき、「ラビ」または「先生」と呼んだことを反映しています。

オプス・デイの最初の司祭、ホセ・マリア・エルナンデス・ガルニカ、アルバロ・デル・ポルティヨ、ホセ・ルイス・ムスキスの叙階式。

しかし、イエス様はきちんと祭司の仕事をされたのでしょうか?

もちろんです。の特徴である。 僧侶 神を身近な存在にすると同時に、人類を代表して犠牲を捧げる。を必要とする人類に、イエスが寄り添うこと。 救世 を達成できるように、その執り成しをしていただきました。 天の恵み は、十字架の犠牲において頂点に達します。

の実践と新たな衝突を起こすのは、まさにここなのです。 僧職 その時々に合った十字架を祭司の捧げ物と考えることは、あの人たちにはできなかった。全く逆である。生贄に必要なのは、犠牲者の苦しみや自らの死ではなく、エルサレムの神殿に定められた条件のもとで儀式を行うことであった。

があります。 イエスの死 が、彼らの目には、死刑囚の処刑という、まったく違った形で映し出された。 の壁の外で実施されたプロジェクト。 エルサレム神の慈悲を受けるどころか、申命記の一節(申命21:23)を引用して、呪いの対象として考えられていたのである。

教会の始まりからすでに「神父」の話は始まっていたのでしょうか。

の余波で 復活 での聖霊降臨に続き、イエスの昇天があった。 七週の祭りやがて、使徒たちは説教をするようになり、時代の流れとともに、その任務に携わる協力者を持つようになった。しかし、もしイエス・キリスト自身が自分を指名することがなかったら 僧侶にそのような呼称を用いることは、思いもよらない論理であった。 いちもん を、自分たちのことを話すために、その最初の瞬間に

実は、この ようじ その役割は、ユダヤ教の神殿の祭司とはほとんど関係がない。アポストロスは「派遣者」、エピスコポスは「監督者」、プレスビーテロは「長老」、ディアコノスは「奉仕者、助け手」など、初期キリスト教共同体での機能をより明確に示す名称が使われたのはそのためである。

しかし、使徒である、あるいは自らが使徒であった「聖職者」たちの仕事を振り返り、説明することで せぎょうこのように、これらはイスラエルの祭司職の特徴とは異なる意味を持つが、まさに祭司の機能であることがわかる。

キリスト教神権の "新感覚 "とは?

この「新しい意味」は、たとえば、すでに次のように見ることができます。 セントポーリア と、自分の仕事を語る。 教会.その手紙の中で、彼は自分の務めを説明する際に、明らかに祭司である語彙を使用しているが、それは独自の人格を持つ祭司職に言及するのではなく、イエス・キリストの大祭司職に参加することに言及するものである。

その意味で セントポーリア なぜなら、祭司の仕事は、動物の死体を祭壇の火で燃やしてこの世から取り除くこと、つまり儀式的な意味で「聖別」することではなく、「...」することだからである。けがす"別の意味では、彼らを神の領域に引き入れることによって「完全」に達するのを助けること、つまり、神の火を持つ生きた人間になることです。 聖霊主の復活の福音は、福音書の説教によって彼らの心の中に伝えられた。

同じように、聖パウロはコリントの人々に手紙を書くとき、彼らの代わりにではなく、コリントの人々の名において罪を赦したことを記している。 インペルソンクリスティ (参照:2コリ2:10)。それは、イエスの「代わりに」単純に表現したり、演じたりすることではないのです。 キリスト自身は、その行動で けいせい そして、それらを通して

したがって、原始的なものでは 教会 を行う、まさに司祭的な性格を持つ大臣がいる。 しゃかいほうし キリスト教の教会ですが、決定的な共通点があります。それは、どの教会もそれ自体が「司祭」ではなく、したがって、自らの意思で、自らの刻印で「司祭職」を遂行する自律性を享受していないことです。 キリストの神権に参加する。

フランシスコ・ヴァロ・ピネダ氏
リサーチディレクター
ナバラ大学
神学部
聖書学教授

神父、地上における神の微笑み

寄付には顔が必要です。教区司祭、修道司祭の養成に力を貸してください。

関連記事