十字架、聖霊、そして教会 - CARFブログ - Experts
Seleccionar página
ラミロ・ペリテーロ・イグレシアス氏
21 9月, 20

専門家向け記事

キリストの十字架は、神がそこで勝利されたので、勝利のしるしです。

十字架、聖霊、教会

キリストの十字架は、人間的には敗北であり、失敗であった。しかし、キリスト教徒にとって、キリストの十字架は何よりも悪に対する神の勝利のしるしであり、愛の王権である神の王位の座である。だからこそ、教会は十字架を崇め、心の中に置き、恐れることなく十字架を観想するようにと招いているのです。

十字架の神秘とキリスト教の苦しみの意味をより深く理解することができます。

私たちはそこで生まれ」、そこに私たちの力が残っていることを考える価値があります。それは、父なる神の愛、イエスが自己犠牲を通して私たちのために勝ち取られた恵み、そして聖霊の交わり(2コリント13:14参照)の中にあるのです。

クリスチャンの内面は、キリストとの関係で識別されます。.さて、この命は教会を通過し、その逆もまた然りです。私たちの命は教会の命であり、私たちの命は教会の命であり、私たちの命は教会の命であります。 教会関係 は、必ずキリストとの個人的な関係を通して通過します。このキリストの体において、すべての構成員は「キリストが彼らのうちに形づくられるまで」(ガラ4:9)キリストのようにならねばならない。

このため、第二バチカン公会議と『カトリック教会のカテキズム』は、「私たちは彼の人生の神秘に組み込まれ(...)、体が頭に結びつくように、彼の苦しみに結びつきます」と述べています。私たちは、彼とともに栄光を受けるために、彼とともに苦しむのです"(Lumen gentium, 7; CCC 793)。

聖霊によって神秘的な体に結ばれる

キリストの十字架の神秘と、それとともに 苦難のキリスト教的意味神秘体(教会)の中で私たちを結びつけている聖霊は、私たちを啓発してくれます。キリストの体である教会のために、キリストの苦しみに欠けているものを、私は自分の肉において完成する」(コリ1・24)と、すべてのキリスト者が言える日が来るほどです。それは、主が私たちのために、あらゆる時代のあらゆる人々の罪の償いと償いのために死なれた、深く完全な連帯に同行するためである。

セイント・エディット・スタイン

ユダヤ人、哲学者、キリスト教信者、修道女、殉教者、神秘主義者、ヨーロッパの共同守護神。人間は本来、苦しみから逃げるものだと彼女は考えている。苦しみに喜びを見出す人は、不自然で不健康で破壊的な方法でしかそうすることができません。

そして、「世界の出来事の超自然的なつながりに霊的な目が開いている人だけが贖罪を望むことができる。しかし、それはキリストの霊が住んでいる人、頭のメンバーとしてキリストの命、力、意味、導きを受ける人でなければできない」と書いています( E.Stein, Werke, XI, L. Gelber and R. Leuven [eds.], Druten and Freiburg i. (英語))。Br.-Basel-Vienna 1983)。

一方、贖罪は私たちをキリストとより密接に結びつける。それは、共同体が全員で協力することによってより深く結ばれるように、また身体の構成要素が有機的な相互作用の中でより強く結ばれるように、である。そして、そこから意外なほど深い結論が導き出される。

ユダヤ教からカトリックへの改宗の証として、何千人もの信者に感動を与えた聖エディス・スタインの祝日は、8月9日である。

十字架と神の子性

しかし、「キリストと一つになることが私たちの幸福であり、キリストと一つになることが地上における私たちの祝福であるから、キリストの十字架を愛することは、私たちの神聖な息子としての喜びと決して対立しない」(froher Gotteskindschaft)のである。 キリストの十字架を背負うことに協力することは、強く純粋な喜びを与えてくれるのです。そして、それが許され、できる者、すなわち神の国の建設者こそが、最も純粋な神の子なのである(同上)。

オプス・デイが真に神のものであり、教会において、教会の奉仕のために生まれたことを示す印(補強と確認)として、聖ヨゼマリアは、活動の初期に困難と同時に、次のような経験をしました。 てんじつとうさ.

31年頃、主が私に打撃を与えたとき、私は理解できなかった。そして、その大きな苦しみの中で、突然、あなたは私の息子(詩篇Ⅱ、7)、あなたはキリストという言葉が出たのです。そして私はただ、アバ、ペイター、アバ、ペイター、アバ、アバ、アバ! と繰り返すしかなかった。今、私はそれを新しい光の中で、新しい発見のように見ている。年月が経つにつれて、主の手、神の知恵、全能者の手を見るように。主よ、キリストの十字架を持つことは、幸せ、喜びを見出すことだと理解させてくださいました。そして、その理由は - 私はこれまで以上に明確にそれを参照してください - これです:クロスを持つことは、キリストと自分自身を識別するために、キリストであること、したがって、神の子であることです"(黙想、28 4月1963、引用:A. de Fuenmayor, V. Gómez-Iglesias と J. L. Illanes, El itinerario jurídico del Opus Dei.Historia y defensa de un carisma, Pamplona 1989, p.31)。

イエス様は私たちのために苦しんでおられます。この世のすべての痛みと罪を背負っている。悪とその結果の巨大さに打ち勝つために、「...」として十字架に上るのです。サクラメント"神が私たちのために体験する愛の情熱"。

敗北を勝利に変える

十字架の実りとして、また父なる神様に代わって、イエス様が私たちに与えてくださるのは 聖霊その神秘的な体の中で私たちを一つにし、刺し貫かれた心臓から来る命を私たちに与えてくれる方です。そして、主は私たちを、実際、私たちの人生(の大部分)を完成させるために招いているのです。 ささいなこと)私たちがキリストとともに形成するこの体、すなわち教会におけるキリストの苦しみに欠けているものは何でしょうか。

したがって、「人間を癒すものは、苦しみを避けたり、苦痛から逃げたりすることではなく、無限の愛をもって苦しみを受けられたキリストとの一致を通して、苦難を受け入れ、その中で成熟し、意味を見出す能力」(Benedict XVI, Spe salvi, 37)なのです。

2年前、聖十字架の昇架の祝日に、そしてサンタマルタでの説教(14-IX-2018)で、フランシスコは次のように述べました。 十字架が教えてくれるのは、人生には失敗もあれば勝利もあるということです。.敗北を許容し、忍耐強く耐えることが必要です。

というものまで。 罪が重なる というのも、私たちのために代償を払ってくれたからです。「しかし、決して悪魔という鎖につながれた犬に誘惑されてはならないのです。そして、「家では静かにしていなさい」とアドバイスされました。 私たちは十字架の前で5分、10分、15分と時間をかけました。ロザリオの小さな十字架:見てください、それは確かに迫害を誘発する敗北の印ですが、それはまた、次のとおりです。 "神がそこで勝利したのだから、私たちの勝利の証"。

そうすれば、(自分の)敗北を(神様の)勝利に変えることができるのです。

ラミロ・ペリテーロ・イグレシアス氏
牧会神学教授
神学部
ナバラ大学

教会と新福音化」に掲載されました。

神父、地上における神の微笑み

寄付には顔が必要です。教区司祭、修道司祭の養成に力を貸してください。

関連記事